時間によって選択肢が変わる

受付する女性

病気の中でも急に起こる可能性がある脳梗塞を発症してしまった場合にはすぐに病院で治療を受ける必要があり、遅れることによって命にかかわることになってしまいます。そのために周りにいる人では時間との勝負になるので、1分1秒でも早い治療をすることが望まれるのがこの病気のポイントです。また治療方法には発症してからの時間によって違いがあり、滞ってしまっている血液を回復させる治療を優先させるべきなのか、詰まっている血管から血液を溶解させる治療をしていくのか変わってきます。もし長時間経ってしまい8時間ほどの時間が経過しているとなると、脳梗塞の血栓となっている部分を吸い取る作業をしなくてはいけないケースもあります。

予防や前兆を知る

受付

脳梗塞の治療は時間がかかることもありますしリハビリなども必要になることもあり、一番の方法としてはならないような生活を心がけることです。脳梗塞では40代に入ると4人に1人は「かくれ脳梗塞」を発症していることもいわれていて、何よりも日常生活での変化で表れやすいといわれています。中には仕事の疲れからきているだけと勘違いをしてしまい、気がつかずに放っておいてしまうことで重大な結果を招いてしまうことも少なくありません。前兆や初期症状を知っておくことによって、脳梗塞の予防になるのと早い段階で治療をすることができるのも大きなメリットになります。病院にかかるタイミングを逃さないようにすることで、命が助かりますし気がつかないことではなく常に意識をしておくことです。

失語症などは気をつけること

医者

脳梗塞の初期症状としては、視野が狭くなったり失語症などが出てくることがあり、何か変だと感じたら家族に相談をして病院を受診することです。視野が狭くなることは老化として片づけるのではなく、自分の脳内に何か別の異変が起きているということを自覚をしておくと、すぐに病院へ行く覚悟ができます。また失語症は本人はもちろん周りの人が気がつきやすいので、何か変だと感じた場合は家族からの勧めで病院へ連れてくることができます。そして本人が自覚をしやすくマズイと感じることで片麻痺が起きているときがありますので、そういった場合には迷わず病院での検査をしてみることです。早期に発見して治療をすることで脳梗塞を未然に防ぐことができるのと、脳が何かしらの損傷を受けているときには外からでは全くわかりません。約2割近くの人がこういった初期症状を起こしてから2か月から3か月あまりで脳梗塞を発症していますので、自覚をしておくことで早めに治療ができますし重大な事態を回避できます。

広告募集中